SFC修行 再び新潟出張へ行ってきました

SFC修行

みなさんこんばんわ。
たかぽんです。

毎日ブログを更新されている方はすごいなぁと思う今日この頃です。前回更新した宇都宮から搭乗記の更新が少し止まっていましたが、本日からまた再開していきたいと思います。

こつこつと出張や、休日修行でPPを貯めておりました。今回は再び新潟へ出張へ行ってまいりました。前回の新潟出張の記事はこちらになります。

いつも通り伊丹空港に着いた私は時間に少し余裕があり、さらに搭乗する飛行機が若干遅延していたため、伊丹空港の空港ラウンジに行く事にしました。空港ラウンジはのゴールドカードを持っていれば入る事が出来ます。私はANAアメックスゴールドカードを所持していますので、カウンターでアメックスカードと当日搭乗するチケットを見せればラウンジに入る事が出来ます。

いつの間にか伊丹空港のラウンジがリニューアルしていました。カードを作ったすぐぐらいに一度利用した記憶がありますが、狭くてうす暗くてショボいイメージしかありませんでした。

カードラウンジ(ラウンジオーサカ) | ビジネスサポート・ラウンジ | 大阪国際空港(伊丹空港)

どうやら2015年の5月末にリニューアルオープンしたみたいです。1年以上気付いてなかったということですね。

「ラウンジ内は撮影をご遠慮ください」との事でしたので内部の写真はありませんが、オープンしてまだ1年しか経っていないためか、きれいで広々とした空間のため、リラックスして過ごすことが出来ました。伊丹空港に寄った際には是非一度お立ち寄りください。

ラウンジでゆっくりと時間を過ごした後、搭乗時刻が近づいたためさっさと検査場をパスして飛行機に乗ります。今回はボンバルディアDHC8-Q400でのフライトでした。東京の皆さんはあまり乗る機会がない機種だと思いますので、少しだけボンバルディアDHC8-Q400について紹介したいと思います。

ボンバルディアDHC8-Q400はプロペラ機で主にローカル路線での運航に使用しています。私が乗ったことのある路線は伊丹から新潟、松山、高知辺りでしょうか。フライト予約時の機種欄にはQ84と表示されています。

機内は4列シートで全部で74席しかありません。機内の写真の様子を撮ったのですがこんな感じです。

乗り心地はあまり良くなく、ジェット機と比べると少し窮屈です。さらにジェット機と違ってプロペラがぐるぐる回っているので、機内でもずっとプロペラの回転音が鳴り続けています。

初めのうちは気になっていた回転音ですが、段々と気にならなくなりました。それどころかその回転音がどこか心地よくも感じます。きっと催眠効果があるのでしょう笑

フライト中iPhoneでプロペラを撮影してみました。目視では高速で回っているため羽を確認することが出来ません。しかし携帯カメラの性能上、写真のように羽をとらえることができます。

5月中旬だというのに富山県上空の山はまだまだ雪が多く残っています。そしてまもなく新潟県の上空まで近づいてきました。以前の記事で撮影した際にはまだ芝もなかった新潟競馬場ですが、開催中ということもあり綺麗に芝を確認することができました。

競馬場を上空から確認できたのでそろそろ着陸かなと思った矢先ちょっとしたトラブルが発生しました。

少し長くなったので次回に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました