JGC修行 JGC獲得を目指す前に

JGC修行

みなさんこんばんわ。
たかぽんです。

前回の記事で無事SFC解脱を決めたわけですが、間髪入れずJGC取得を宣言しちゃいました。ということで今回はJGC取得するために準備と確認事項についてまとめていきたいと思います。

そもそもJGCとはなんぞという人のために簡単にまとめていきたいと思います。

https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/enroll.html

JGCとは、「JALグローバルクラブ」の略語で頭文字をとってJGCと呼んでいます。ANAと同様JALにも上級会員制度があり、JGCを取得するためにはたくさんの飛行機に乗る必要があります。取得条件は以下の通りです。

①FLY ONポイントを50,000FLY ONポイントを獲得する(うちJALグループ便で25,000FLY ONポイント)

②50回飛行機に搭乗(うちJALグループ便で25回)し、かつ15,000FLY ONポイント以上を獲得する

①てはANAのプレミアムポイントと同じ考え方で、50,000FLY ONポイント以上を獲得すればサファイヤ会員となりJGC申請の応募資格が与えられます。そのため、ANAと同じように出来るだけ区間マイルの多い路線を選んだ方がいいと思います。

②はANAと違い年間50回以上搭乗すればサファイヤ会員になれる方法があり、とにかく安い運賃を探し乗って乗って乗りまくる方法です。

どちらの方法でもJGC取得は可能なため、自分に合った方法で修行を行えばいいと思います。そして今回、私は②の方法でJGC獲得を目指すこととしました。理由は単純でたくさん乗った方が楽しいでしょ?笑

FOPと回数で修行方法は違うものの考え方は同じです。ANAの場合は、PP単価を10円以下というのが一つの目標でした。JALの場合もこの設定金額は同じでFOP単価10円以下が一つのボーダーラインになりそうです。搭乗回数の場合は1回の搭乗単価を10,000円以下に設定すればいいということになります。

SFC修行の際はP旅割28に乗る事でPP単価を抑えつつ、たくさんのPPを貯める事が出来ました。しかしB737ですとプレミアムシートが8席と座席数に制限があります。そのため人気路線ですと予約合戦を勝つ必要があります。しかし回数修行を行う場合の予約運賃は、ウルトラ先得やスーパー先得といったANAでいう旅割55や旅割75になるため、座席数の制限がプレミアムクラスに比べてたくさんあることがメリットだと考えます。

しかし、デメリットもあります。予約を約2カ月前に取る必要があるため、少し先の日程を早めに決める必要があります。もし搭乗までに予定が変更となったり、ケガや病気になってしまう場合もありますからね。
その他にも回数修行を行う場合、仮に一日に複数回の搭乗スケジュールを組んでいたとします。その際に機材トラブルや天候等で1つでも便が欠航した場合、後ろのスケジュール全てに影響してしまう可能性もあります。

いずれの方法もメリットやデメリットはありますが、ANA修行後だったため、ANAにはない回数修行を選択しました。

そして最後に、JALカードの作成です。JALカードもANAと同様たくさんの種類がありますが、私は「CLUB-Aカード」を選択しました。あくまでメインはANAで考えているのでゴールドは必要ないと思ったためです。年会費もかかってしまいますしね。

ということで早速カードを作ろうと考えてホームページを見てると、なんと20代限定のJALカードがあるではないですか!!

JAL CLUB EST
空の旅がより快適になるように、毎日の生活がより充実するように。さまざまなシーンで活躍する20代のためのカード、JAL CLUB ESTをご紹介します。

このカードはたくさんメリットがあります。なんとJGC修行中にサクララウンジが5回まで使えます。さらにFLY ONポイントが2,000ポイント貰えます。回数修行においても15,000FLY ONポイントを獲得する必要があるため助かります。他にもいろいろとメリットはありますが、年会費が5,400円余分に掛かってしまうため必要かどうかは判断して入会してください。20代でJGC修行をする方にとっては強い味方だと思います。

ちなみにJAL CLUB ESTはJGCには対応していないため、JGC入会と同時に退会する必要があります。あれ…無駄な出費…かな…。

ちゃんちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました